目的別ローンとは!目的別ローンの金利・審査の特徴

目的別ローンとは借りたお金の用途が指定されているローンであり、
住宅ローンや自動車ローン、教育ローンなど様々なものがあります。

 

目的別ローンの利用方法《MENU》
  1. 目的別ローンの金利・審査の特徴
  2. 目的別ローンとフリーローンとカードローンの比較
  3. 目的別ローンと多目的別ローンの比較
  4. カードローンとフリーローンの比較
  5. 銀行カードローンと消費者金融キャッシングの比較
  6. いろいろある目的別ローンの種類

目的別ローンのメリット

目的別ローンは、カードローンなどのフリーローンと比べるとお金の用途が限定されているため返済計画を立てた利用が多く、貸し倒れが起きるリスクが少ないため、低い金利で融資を受けられるメリットがあります。

 

目的別ローンのデメリット

目的別ローン

しかし目的別ローンにはデメリットもあります。
目的別ローンは、他の用途に使えないように利用には証明書を提出しなければなりません。
そのため、利用目的の相手先に直接入金する必要があることも多いです。
審査も厳しくなり、結果が出るまでに時間がかかるため、カードローンのように即日融資を受けることはできません。
収入が少なければ融資額が減額されることもあります。

 

目的別ローンの審査

目的別ローンもカードローンのように無担保、保証人なしで利用できるものが多いですが、
一部の住宅ローンなどでは担保が必要なことがあります。

 

担保がある方が、その価値に応じた高い金額を融資してもらえ金利も低くなります。
しかし、返済できないと担保を失うので注意します。

 

目的別ローンの金利

目的別ローンの金利については住宅ローンのように返済期間が長期になるものもあり、
固定と変動の2種類があるので利用前に確認が必要です。

 

このように目的別ローンは審査が厳しいので、気軽に利用できるものではありません。
しかし、金利は低くなる可能性が高いので、用途に合った目的別ローンがあれば、
それを利用することを検討した方が良いでしょう。

 

なお、どの金融機関でも同じ目的別ローンが用意されているわけではないため、
用途によって利用できる銀行が限定されます。

目的別ローンとフリーローンとカードローンの比較

目的別ローン

ローンサービスには主に以下の3種類があります。

  • 目的別ローン
  • フリーローン
  • カードローン

それぞれに違いがあるため、比較して特徴をつかんで目的に合わせて使うことが大切です。

 

場合によってはいずれを利用しても目的を達成することができますが、別の方法を選んだ方が得をすることもあります。
そのため、よく比べて選びましょう。

 

また、それぞれのカテゴリーの中でも、提供する業者によってサービスが変わるので、その点も合わせて検討するのが賢い選び方といえます。

 

目的別ローンは用途が決まっているローン

例えば用途が決まっているローンに、自動車ローン住宅ローンが当てはまります。
特徴は、融資の額が大きいという点と、金利が他に比べると低くできる点です。
審査も目的が定まっているため、自動車であれば自動車販売業者を通して審査を受ければ通りやすくなっています。

 

フリーローンとカードローンの比較

フリーローンは、使途が定まっていないローンです。
そのため、何にでも使うことができます。
同じくカードローンも使用用途は限定されていません。

 

フリーローンとカードローンの違いは下記になります。、

  • カードを利用するかという点
  • 極度額内で繰り返し融資ができるかという点
  • 金利の違い

フリーローンは、極度額があるわけではないため、一度融資を受けた後に返済をしても、
再度自由に借り入れをすることができるわけではありません。
その代わり、金利は低くなりやすいです。

 

カードローンは、極度額があるため、その範囲でカードを使って自由に融資を受けられます。
その代わり、金利は高い傾向にあります。

 

目的別ローンと多目的別ローンの比較

目的別ローンとは

多目的別ローン

目的別ローンとは、特定の目的にのみ利用することのできるローンです。
例えば、住宅ローンや自動車ローンのように、特定のサービス名が入っているローンがこれに該当します。

 

目的外の利用はできませんが、提携しているところを通して審査を受けると通りやすい傾向にあります。
また特徴としては、融資額が大きく利息は比較的低いということが挙げられます。

 

多目的別ローンとは

多目的別ローンは、特定の目的に利用が制限されていないローン形態です。
銀行が提供しているフリーローンや、消費者金融が提供しているカードローンなどが多目的別ローンに当てはまります。
多目的別ローンの特徴としては、様々なプランが業者ごとに用意されているということが挙げられます。

 

そのため多目的別ローンは、少額の小口融資を始めとして事業者向けの高額ローンまで様々です。
金利は、個人向けの小口融資は高い傾向にありますが、大口融資は低い傾向にあります。

 

目的別ローンと多目的別ローンの選び方

以上が目的別ローン多目的別ローンとの違いですが、それぞれのカテゴリーごとでも、
提供している業者によって、サービス内容が異なることがあります。

 

そのため、どれにするべきかは、大まかなカテゴリーごとの違いを比べた上でどちらが良いかのあたりをつけて、
提供する業者の具体的なサービス同士をさらに比較して選ぶのが賢い選び方といえます。

 

サービスの詳細を知りたい場合には、公式サイトを見るのが一番確実ではありますが、
比較サイトも情報がまとまって見やすく便利です、

 

カードローンとフリーローンの比較

カードローンとフリーローン

カードローンとフリーローンは、両者とも使途が定まっていないローンであるという点は共通しています。。
したがって、いずれを利用した場合であっても、趣味に使おうと生活費に充てようと問題ありません。

 

ただカードローンとフリーローンの細部を見ると異なる点がいくつかあるため、
その違いを比較して、目的に合わせて選ぶのが上手な選び方と言えます。

 

カードローンの特徴

カードローンの場合は、カードを使って融資を受けるという特徴があります。
カードローンのカードは、提供している事業者のATMをはじめ、提携しているATMで利用することができます。
また、最近は振り込み融資をすることも行われており、カードを発行しなくても利用できる業者もあります。

 

カードローンの金利は一般的に高めであるという特徴があります。
しかし、極度額の範囲であれば何度でも借り入れができ、一度返済をすると限度枠が回復して新規に利用できるようになります。

 

フリーローンの特徴

フリーローンは、カードローンとは異なり、カードが発行されるわけではありません。
そして、一度きりの融資となります。

 

つまり最初に審査を受けて、融資を受けられる額が決定し、
その額を受け取ったら、後は返済をしていくだけということになります。

 

返済をしていくと債務は減っていきますが、限度枠が回復するというわけではありません。
そもそも、限度枠という概念がないのです。

 

そのため、再度利用したければ、また申し込みをしなくてはなりません。
その代わり、カードローンと比べると低金利であるという特徴があります。

 

以上がカードローンとフリーローンの比較になります。
カードローンとフリーローンのそれぞれにメリットとデメリットがあるため、利用目的に合った方を選ぶと良いでしょう。

銀行カードローンと消費者金融キャッシングの比較

目的別ローン

銀行カードローンの魅力は、金利が低いと言う点が挙げられます。
消費者金融キャッシングにおいても銀行と比較した場合、即日サービスに優れている特徴があります。
そのため、自由に利用する事が出来るお金を借りたい場合には、両者とも選択肢になります。

 

また、審査スピードについても、ネット申し込みをすれば最短30分と言う短い時間の中で審査結果がわかり、
その後に契約を交わせば、当日中に現金を指定口座に振り込んで貰えるなどの魅力も在ります。

 

WEB完結申込となっている銀行カードローンや消費者金融のキャッシングの場合は、
来店すること無くお金を借りる事が出来ると言った利便性も兼ね備えています。

 

年収が少ないので審査に通るかどうか不安と言った人の場合は、
収入証明書類の提出が不要になっている条件をチェックしておくことです。

 

収入証明書類には下記のものがあります。
・直近の給料明細書
・源泉徴収票
・確定申告書
・納税証明書>
収入証明書類の提出には、上記の種類の写しが必要になります。

 

銀行カードローンの収入証明書の提出の特徴

しかし、銀行カードローンの場合は、用限度額が300万円未満200万円以内であれば
収入証明書の提出が不要になるなど、銀行毎に書類の提出が要らなくなる利用限度額が設定されているのが特徴です。

 

消費者金融の収入証明書の提出の特徴

これに対し、消費者金融キャッシングの場合は、総量規制が適用されます。
総量規制では、申し込み希望額が50万円を超えた時に収入証明書の提出が必要になるのが特徴です。

 

以上の事からも、収入が少ないので不安と言う場合には、収入証明書類の提出を不要としている銀行カードローンや
50万円以内での消費者金融のキャッシングを利用すると言った選び方gあります。

いろいろある目的別ローンの種類

目的別ローン

目的別ローンとは、ローンを使って高額な物品を購入したり、サービスを得たりするためのものです。

 

使用目的が限定されるという成約がありますが、その分金利の優遇があったり返済期間を長期間とすることが可能であったりというメリットもあります。

 

一般的なローンを利用する前に目的別ローンの対象となるかどうかを調べて、可能であれば積極的に利用することをおすすめします。
その種類にはさまざまなタイプがありますので、代表的なものを紹介します。

 

住宅ローン

住宅ローンは利用している人も多く、一般的な認知度も高いものとなっています。
住宅の購入には多額の資金が必要とされますのでローンを利用することが一般的です。

 

住宅ローンを借りるためには、かなり慎重な審査が行われます。
審査に通過できれば長期間にわたり低金利のローンを組むことができるようになります。
また住宅ローン減税も受けられるなど税金面でのメリットも大きくなります。

住宅ローンの詳細はコチラが参考になります。

 

住宅ローンに近いものに、家をリフォームする際に組むリフォームローンもあります。
リフォームローンの利用用途は、家のリフォーム費用に限られます。

リフォームローンの詳細はコチラが参考になります。

 

マイカーローン

マイカーローンは住宅ローンに次いで高額なローン契約となるものです。
自家用車の購入は一括支払いと決めている人も少なくありませんが、
自己資金が少なくても希望の車を購入できるマイカーローンは人気があります。。

 

銀行系のマイカーローンは、車のディーラーのローンを契約するよりも金利の面で有利となるケースが多く、
検討の価値があるものと言えます。

マイカーローンの詳細はコチラが参考になります。

 

教育ローン

教育ローン
現在は奨学金を受給して大学へ通う学生も少なくありませんが、奨学金の場合は学生本人が返済していくこととなり、
就職した時点で借金を背負うことになるというデメリットもあります。

 

教育ローンの場合は保護者が借り受けることにより、返済も保護者が行うという点で違いがあります。
保護者に経済的な余裕がある場合においては、奨学金の受給よりも子ども自身の負担が減ることになりますので、
子どもに将来的な不安を与えたくない場合には特におすすめです。

教育ローンの詳細はコチラが参考になります。

 

その他の目的別ローン

「ブライダルローン」は結婚式の費用において使用できるローンです。
「デンタルローン」は自費治療となる歯の矯正にかかる費用において利用することができるローンです。

 

目的がきちんと定まっている場合には、銀行に問い合わせることによって、より良い条件の目的別ローンの融資が受けられる可能性があります。
情報を収集して比較サイトなどを閲覧するなどアンテナを高く張って調べることも重要です。