オール電化ローンにはどのような特徴がありますか

オール電化ローンとはオール電化導入の為に必要な費用全般を1つの商品と捉え、その費用を借り入れる形式にして月々の返済を行う契約となります。

 

このオール電化ローンの特徴とメリッなどをわかりやすく解説しています。

オール電化ローンのメリットについて

オール電化ローンのメリット

オール電化ローンは、サービスとしては各電力事業者が窓口になっている事が多く、当該する事業者のオール電化プランへの契約を前提としています。

 

事業者が提携する金融機関若しくは傘下企業であるファイナンス会社に対してローンを申し込む形式となります。

 

また申し込みについては対象が住宅設備でもある事から、住宅ローンに準じた形式となります。

 

特徴としてはまず、資金使途が確定しているという点が挙げられます。

 

また事業者にとっては、ローン契約者は確実に自社のサービスプランの契約者となります。

 

オール電化ローンの金利面でのメリット

その為、オール電化導入における設備・工事の初期費用が大幅に軽減されるような設定になると同時に、金利面での優遇が受けられる事となります。

 

金利については変動・固定を問わず、一般のローンで適用するものから一定の利率を引くという形で恩恵が適用されるものが多くなっています。

 

オール電化ローンのその他のメリット

前述のように住宅ローンに準ずるので、住宅ローンに関する減税政策等が採用されている時期においては、そちらの恩恵も併せて享受出来る可能性もあります。

 

また借入額としては数十万程度が想定される事から、過去に金融に関する問題を起こしていなければ、審査に関してもそれほど厳しいものにはならないというのも特徴となります。

 

資金使途の明確さから、過去に金融面での実績が無いケースであっても、審査に関する信頼が得易いのも特徴です。

オール電化ローンの審査について

オール電化ローンの審査

オール電化を導入する際には、専用のオール電化ローンを組むことができます。

 

基本的にオール電化の導入には数十万円程度の費用がかかるため、ローンを組んで出費を平均化することができるのは非常に有効な手段と言えるでしょう。

 

このオール電化ローンを利用するには審査が必要ですが、この審査について見ていきましょう。

 

オール電化ローンの審査での注意点

ただし、当然のことながら、ローンを組むためには、まず審査に通る必要があるため、この点に注意が必要となります。
オール電化ローンの審査に通る際に、まず重要となることは、年収と職業です。

 

これについては、特に職業の方が重要であり、安定して収入を得られる職業であれば、審査に通る可能性も高くなります。

 

また、ローンによっては、特に年収などが具体的に定められている場合もあるため、申請の前には必ず条件を確認しておいた方が良いでしょう。

 

なお、さらに担保として、土地や家の所有を問われることがありますが、これについても、自己所有である方が、評価は高くなることは言うまでもありません。

 

オール電化ローンの注意点

一方、他のローンをすでに組んでいる状態だと、新たにオール電化ローンを組むことは難しくなります。
そのため、特に住宅ローンで家を建て、そのうえでオール電化ローンを組もうとする場合などは注意が必要となります。

 

また、キャッシングなどをしている場合も、同様に審査においてはマイナス要素となるため、できる限りこのようなローンやキャッシングは完済した状態でオール電化ローンを申請することが推奨されます。

 

さらに自己破産などの債務整理を行った場合は、その情報が業界内で共有されるため、オール電化ローンを組むことは事実上不可能となります。

 

この場合は、5年から10年程度でブラックリストから名前が抹消されるため、それを待つしかなくなります。

オール電化ローンは低金利なのでお得

オール電化ローンの金利

オール電化を導入するときに便利なローンがオール電化ローンです。

 

各種の設備の購入費や工事費用を合わせると高額になるので、ローンを組めると支払いが楽になります。

 

このオール電化ローンは金利は他と比較するとどのようになるのか、詳しく見ていきましょう。

 

オール電化ローンの金利面でのメリット

このときにお金の用途が自由なカードローンを使うと金利が高くなりますが、用途が指定されたオール電化ローンであれば低金利になるので利息を抑えられます。

 

オール電化ローンと言っても、実際に用意されているローンの名称は様々であり、ただのリフォームローンの用途の一部としてオール電化に関連する費用が含まれているものもあります。

 

また、オール電化設備を備えた住宅の購入や増改築用のローンもあります。
名称にオール電化が入っていても用途が異なるので、自分の目的に合っていることを確認して申し込みを行います。

 

金利は低いものでは2%前後なので、カードローンと比べてかなり低くなっています。
どこで借りるかによって金利は固定、変動の違いがあります。

 

オール電化ローンを利用するには

20歳以上で安定した収入が見込める場合に利用でき、担保や保証人は不要です。
ただし、オール電化を導入する物件が自己所有でそこに居住していなければならないなどの制限があります。

 

賃貸マンションであったり、店舗などの事業用の物件に対しては利用できません。
なお、自己所有と言っても、住宅ローンを組んで返済中なので抵当権が付いているような場合でも自己所有と認められます。

 

また、他のローンと同様に他社借り入れ残高が多かったり、複数の借入があると審査に落ちることがあります。

オール電化ローンを組んだときの体験談

私はオール電化ローンを利用してオール電化にしたので、その時の体験についてお話しします。
まず、ローンと言っても実質負担はゼロというものでした。

 

何故負担がゼロなのかというと、オール電化に変えることで浮いた光熱費をローンとして工事費にあてる、というものだった為です。

 

工事をする前に実際にシュミレーションをしてもらい、オール電化に変えることで年間でどの位光熱費が浮くのかという説明を受けました。

 

そして、さらなる費用をかけるのではなく、その浮いたお金で工事費がまかなえるのかどうかというところまできっちりと計算をしてもらいました。

 

その結果、私の家はオール電化に変えたほうが今よりも光熱費が安くなり、尚且つ工事費も負担なくまかなえるということだったので、その浮いたお金を毎月ローンとして払っていくことにしました。

 

ローンといえば、返済にも時間がかかり、家計の負担になると思っていたのですが、こういった形で負担にならないローンもあるのだと感じました。

 

もちろん、私の場合は新たな負担分を支払うことをしなかったので、ローンの期間は少し長めでしたが、浮いた光熱費にプラスアルファーで支払いをしていけば、もっと短い期間でローンが完済するとのことでした。

 

ローンの組み方、支払い方は各家庭ごとに全く違うとのことだったので、早く支払いを終わらせたいのか、それとも負担にならないようなペースで支払いをしていくのか、自分に合ったプランでローンを組むことをオススメします。

▼低金利で使い道が自由な銀行フリーローン【特集】▼

>>低金利で使い道が自由な『銀行フリーローン』の詳細はこちらから<<