個人事業主に有用なビジネスローンにはどんな特徴がありますか

多くの金融機関が取り扱いをしているビジネスローンとは、主に個人事業主をサポートする目的で商品の提供がされています。
このビジネスローンの特徴を見ていきましょう。

 

※ビジネスローンの詳細でしたらビジネスローンを無担保・無保証で借りるが参考になりました。

ビジネスローンの主な特徴

ビジネスローンの特徴

ビジネスローンは、ビジネス資金の調達に腐心することの多い個人事業主の方の多くが利用しているローンサービスであると言ってもいいでしょう。

 

このビジネスローンには、どのような特徴があり、どのようなメリットがあるのでしょうか?

 

このあたりをわかりやすく解説していきましょう。

 

おすすめのビジネスローンはどこ?

世の中には数々のビジネスローンの取り扱いがありますが、多くの個人事業主の方におすすめできるビジネスローンがアコムのビジネスサポートカードローンとなります。

 

アコムのビジネスサポートカードローンはすでにあと契約してカードローンを利用している人でも、審査を経てビジネスサポートカードローンへの切り替えが可能です。

 

また、通常のカードローンの場合は総量規制のために年収の3分の1を超える借入は不可となっていますが、このカードローンは年収の3分の1を超える借入にも対応しているという特徴があります。

 

アコムのビジネスサポートカードローンの申し込み

最短で申し込みを行った当日からの借入にも対応していますし、電話で問い合わせをした際にその場で契約可能か否かの簡易診断を行ってもらうこともできます。

 

なお、ビジネスサポートカードローンの詳細ですが、融資限度額は最高で300万円まで、実質年率は18.0%から12.0%となっています。

 

またインターネットからの契約申し込みには対応していないという点に注意が必要です。

 

そして、契約申し込みの際には運転免許証などの本人確認書類に確定申告書の写し、さらに場合によっては青色申告決算書か収支内訳書の写しの提出も求められることとなります。

ビジネスローンの審査を受ける時の注意点

ビジネスローンの審査

商売をするときに金融機関からお金を借りることがありますが、その時に利用することが多いのがビジネスローンです。

 

このローンは金融機関に事業への融資を頼むもので、うまく利用できれば大きなお金を手に入れることができます。

 

このビジネスローンを利用するならどうすればいいのでしょうか?

 


ビジネスローンの審査のポイント

ではこのローンを利用する時はどうすればいいかというと、まずは金融機関の審査を通らなければいけません。
金融機関の審査ではビジネスの将来性などを調べられ、もしあるならば担保についても細かく調査を受けることになります。

 

このタイプのローンでは住宅ローンなどとは違い、かなり厳しい条件でいろいろなことを調べられます。
金融機関は一般向けのローンでは条件をゆるくしますが、ビジネス向けの場合はかなり厳しい条件をつけることが多いです。

 

ビジネスローンの審査をパスするためには

そのためこのようなローンを利用する場合は、金融機関が納得できるような説明をする必要があります。
金融機関のビジネスローンを利用したい場合は、事業計画をしっかり立てておくことが重要です。

 

金融機関はそのような事業計画を詳しく調べて、妥当であると判断すればお金を貸してくれます。
そのためこの事業計画の書類はしっかり作っておく必要があり、場合によっては専門家に相談をした方がいいです。

 

ビジネスローンはかなり大きな金額を借りることができるので、うまく利用できれば事業を成功させやすくなります。
ただその分金融機関の審査への工夫は必要で、そういうことへの対処はしっかりしておかなければいけません。

ビジネスローンを利用するなら金利を比較する

ビジネスローンを利用するならどこ?

事業を展開する場合や自営業をしている場合に一番重要なことは、資金調達の方法をいくつも持っておくことです。

 

新規で事業を立ち上げるときや事業拡大をするときや急な出費でお金がいるケースはたくさんあります。
事業をするときにはじめに行うのが、豊富な資金を持っておくことだといってもいいでしょう。

 

かき集められる資金には人によって限りがあります。
そんなときに利用したいのがビジネスローンです。

 

ビジネスローンを提供している会社はいくつかあり、銀行系や消費者金融系や信販系があります。

 

銀行系ビジネスローンの特徴

銀行系の場合には審査に時間はかかりますが、金利が低いのが魅力的です。
そのほかには、無担保で保証人も必要がないところがありますが、担保が必要で保証人がいるところよりは金利が高くなることを知っておきましょう。

 

利用者の状況や必要な資金量によっても選ぶべき会社は違ってきます。
必要な資金を計算して、できるだけ金利が低い企業を見つけるといいです。

 

ビジネスローン会社の選ぶときのポイント

その時に注意したいのが、上限金利と下限金利というものです。
下限金利の場合には、借入金額や借入期間によっては低い金利が設定されることがあり、その下限を表しているものです。

 

一般的には上限が設定されることがあるので、上限を見るようにしましょう。
また、公式のホームページの情報だけでなく体験談やレビューを参考にすることで、詳しい情報を見つけることができます。

 

審査の具体的な時間やスタッフの対応や返済の方法を確認しておきましょう。

ビジネスローンを利用するなら即日で無担保のところにする

ビジネスローンを利用するならどこ?

自営業を営む個人事業主は、経営状態によっては資金繰りが悪化することがあります。

 

貸し倒れが発生したり、急な出費が重なってしまったりすると、その分の資金調達をしなければいけない状態になります。

 

そんな時に便利なのが、ビジネスローンと呼ばれるものです。

 


ビジネスローンの比較のポイント

ビジネスローンを提供している会社はいくつかあるので、ビジネスローンを利用するときにはいくつかのサービスを比較をしてみるといいでしょう。
ビジネスローンでは、審査の時間に違いがあるので早急に資金が必要な場合には即日融資をしてくれるところを選ぶと良いです。

 

会社によっては、数日はかかるところがあるので注意したほうが良いでしょう。
比較サイトやランキング活用することで、即日融資で無担保の会社をいくつかピックアップすることができます。

 

無担保で保証人がいらないビジネスローンもあるので、すぐに利用したい人にとっては利便性が高いので、おすすめです。

 

ビジネスローンの比較で参考になるものについて

企業を選ぶときには、ランキングや比較サイトだけでなく、体験談やレビューも参考にしてみるといいでしょう。
すでに利用したことがある人の体験談を参考にすることができます。

 

審査までの実際の時間や金利やスタッフの対応を細かく知ることができるので、利用する会社が決まったら、口コミと体験談を参考にしておくといいでしょう。

 

ビジネスローンのなかには、カードローンとなっているところがあります。
カードをATMに入れることによって、提携のATMやコンビニのATMで融資を受けることができるのも特徴です。

思ったよりも簡単な契約だったビジネスローンの体験談

自営業をしています。個人でお金を借りる場合と比較すると、ビジネスローンはハードルが高いものだと思っていました。

 

通常のカードローンなどは事業性資金としての利用は禁止されていますが、実際には使用用途は自由なので、仕事で使うものを購入すること自体は可能です。

 

しかしビジネスローンであれば堂々と利息負担を経費にすることができるため、確定申告で節税をすることができます。

 

税金が減れば保険料も安くなりますので、利息負担を経費にすることは結構な節約効果が期待できます。

 

銀行から借り入れをする場合はさまざまな書類が必要になるため、ハードルが高いのは事実です。

 

しかしちょうど利用があった消費者金融に増額依頼を出したところ、ビジネスローンに切り替えることができるという打診を受けたため、切り替えてもらうことにしたのです。

 

必要な書類は事業を証明できる取引先からの発注書、事業計画書だけで、簡単にビジネスローンに切り替えることができたのです。

 

カードは新しくなるので自動契約機に行く必要がありましたが、その日のうちに切り替えが完了し、新しい利率と限度額で契約しなおすことができました。

 

他の人の体験談でも消費者金融のビジネスローンはハードルが低いという声がありますが、その通りでした。

 

銀行から借りることが難しい場合、消費者金融は事業を助けてくれる心強い味方だなと思います。

 

総量規制からはずれているため、信用を築いて銀行並みの低金利のローンにできるように頑張っていきたいです。

▼低金利で使い道が自由な銀行フリーローン【特集】▼

>>低金利で使い道が自由な『銀行フリーローン』の詳細はこちらから<<