出産ローンと各銀行のプランにはどんな特徴がありますか

経済的な理由から、子供を生むことをためらっている夫婦が増えていると言われています。
そのような子供が欲しいけど、資金の問題で産めない夫婦の強い味方となる出産ローンの特徴とメリットについてわかりやすく解説しています。

出産ローンの特徴について

出産ローンの特徴

少子化が進んでいると懸念されていますが、結婚したら子どもが欲しいと思うのは男女ともに昔から変わらない願いでしょう。

 

出産に二の足を踏むのは経済的理由が多く、特に子ども1人を持つ夫婦の75%はこの理由で2人目を産むことをためらっています。

 

出産にかかわる費用は健康保険の適用外で、診察・分娩・入院のすべてが実費になります。
地域・病院によって幅はあるものの、おおむね50万~100万円かかります。

 

しかし、高額な出費を気にして子どもをあきらめるのは残念なことです。

 

子供を諦めないための出産ローン

ここで利用できるのが、出産ローンというサービスです。
出産ローンとはその名の通り、出産時の費用のための資金として銀行から融資を受けられるサービスのことです。

 

銀行では出産に限定したローンを提供するところは少なく、「多目的ローン」「フリーローン」を利用して出産費用に充てることができます。

 

金利は4~14%台で、最大300万~500万円までの融資が相場です。
申し込みから最短2~3日、遅くても1週間以内に融資を受けられます。

 

地方銀行の場合は管轄区域内に居住している必要があるなど、メガバンクに比べて融資条件が増えます。
銀行によって金利や融資の金額・条件が異なるため、各銀行のローンプランの特徴を把握しておくことが重要です。

 

出産ローンのメリット

出産ローンを組む人は実際には少ないのが現状です。
その理由は、出産時には国から公的な補助金が支給されるからです。

 

とはいえ、出産時だけでなく、その後もお金が必要になります。
夫婦の貯蓄額や収入状況などによっては公的補助金では不安な人もいるでしょう。

 

いざというときのために出産ローンという選択肢も検討しておくことをお勧めします。

出産の費用が工面できないときは出産ローン

出産の状況と出産ローンの審査

出産の準備や出産そのものや、その後と支出は決して少なくありません。

 

そのため、資金不足で出産をためらう人は多いですが、そんな人に知ってほしいのがこの出産ローン。

 

この出産ローンとそれを取り巻く夫婦の状況と審査についてわかりやすく解説しています。

 


出産をとりまく環境

出産にはたくさんの費用がかかります。
検診や分娩、入院費用など病院にかかる費用のほかに、ベビーベッドやおむつ、ベビー服などのベビー用品、マタニティ服などが必要です。

 

特に車を持っているならチャイルドシートは必ず買わなければならず、安くても1万円以上します。
その上、産休や育休を取る必要があり、収入も少なくなってしまいます。

 

ほとんどの自治体は検診の費用の助成がありますし、健康保険からは約40万円が出産時に支払われます。
雇用保険からも産休や育休に伴う手当がもらえます。

 

しかし、それでも足りないのが現実です。

 

出産ローンとその審査について

堅実な人なら十分な貯金を用意したうえで子供を作りますが、思いがけずできてしまった場合などいろいろな状況で貯金があまりないと困ってしまいます。

 

リサイクルショップを利用したり、子供が大きくなった人からおさがりをもらうなどの工夫をしても限界があるでしょう。
そういうときに利用したいのが出産ローンです。

 

出産時のたくさんの費用を借りることができます。
もちろん一定の要件を満たす場合でなければ借りることはできず、審査を通過する必要があります。

 

夫婦ともに仕事をしていないなどの事情があれば借りることは難しいです。
また、利息もかかります。
しかし、お金が貯まるまで待っていられないのが出産です。

 

赤ちゃんは10か月ほどで必ず生まれてきます。
どうしてもお金を工面できないけど、生まれてくる赤ちゃんには不便な思いはさせたくない、そういったときにはローンを利用するのも一つの手段です。

出産ローンを組む場合にも金利の負担はあります

出産ローンと金利の負担

妊娠が分かったら夫婦で大喜びするだけでなく、その家族も喜びに包まれますが、出産前後にはとてもお金がかかるので喜んでばかりはいられない人も多いのでは無いでしょうか。

 

出産の中でも費用がかかるのは入院費で、この費用はどの位病院に入院するかによって変わって来るため一概に言うことは出来ませんが、相当な負担になるのは間違いないです。

 

また子どもを出産した後のために育児用品を購入しておく必要がありますが、こういった出産に直接に係るもの以外の出費も意外に多いため、その額に驚いてしまう人も多いでしょう。

 

確かに国もある程度補助をしてくれるので、その点では助かるのですが、もちろん全てを支払ってくれる分けではないので、出産にかかる費用についてはよく準備をしておく必要があります。

 

どうしてもそのための費用を用意できない場合には出産ローンを組むと言う方法がありますが、その時には金利はどれ位なのかをしっかりと確認をした方が良いでしょう。

 

出産ローンの金利について

今では出産ローンを扱っている会社が沢山ありますが、金利はそれぞれ変わって来るので、こういったことに関してもよく注意した方が良いです。

 

また最近の消費者金融はインターネットから簡単にカードローンの発行を申し込むことが出来るため、とても便利です。
出産費用が足りない場合には消費者金融からお金を借りる人もかなりいます。

 

しかし消費者金融からお金を借りる場合の金利と出産ローンを組んだ場合の金利についてはよく比較した方が良いと言えます。
両者の金利を比較すると出産ローンの方が低い場合が多いため、お得であると言うことになりますが、金利だけではなく全てを総合的に考えてどちらが良いかを決めるようにした方が良いでしょう。

体験談を参考に出産ローンを組んでみました

金銭的にも厳しい状況の中、妊娠していることがわかりました。
主人の収入も少なかったので、出産育児していく自信がありませんでした。

 

お金はありませんでしたが、どうしても産みたいという気持ちは強かったです。
妊娠したことを主人に報告すると泣いて喜んでくれました。

 

主人の同僚で出産ローンを利用した人がいると知り、体験談なども参考にしました。
知れば知るほど、出産にかかる費用は思っていた以上だとわかり不安になってしまいました。

 

自分の仕事もできなくなってしまうので、この出産ローンはとても役に立つローンだと実感しています。

 

出産前にも、出産の為の準備をしたりといろいろお金がかかってきました。

 

初めての出産で不安はありましたが、お金の心配をすることがなかったのでその点は助かったと思っています。

 

お金のことで心配することなく、心にゆとりのある出産ができたことはとても嬉しいです。

 

出産の時は、休日の夜間だったため余計にお金がかかってしまい出産ローンを利用して正解だったと実感できました。

 

出産育児一時金では足りなかった出費が思った以上にあり、出産はお金がかかるなと感じました。

 

自分のようにローンを利用している人もたくさんいたことに安心感もありました。
子供が大きくなれば自分も職場復帰ができるので、出産ローンを返済していきたいと思っています。

 

お金の心配をしないで安心して出産に臨むことができる、出産ローンを利用することができて本当に良かったです。

▼低金利で使い道が自由な銀行フリーローン【特集】▼

>>低金利で使い道が自由な『銀行フリーローン』の詳細はこちらから<<