デンタルローンとは歯科治療に限定した低金利が特徴

歯科治療には、全額自費負担となる自由診療となって、高額な治療費が必要になる場合がよくあります。
一度で払うと家計にとって大きな負担になる場合もありますが、こんな時に頼りになるデンタルローンです。

 

このデンタルローンの特徴やメリットなどをわかりやすく解説しています。

デンタルローンの特徴

デンタルローンの特徴

最近では、いろいろなローンが存在します。

デンタルローンというものをご存じでしょうか。

 

歯科診療は場合によって、高額の治療費になってしまう場合があります。

 

こういったケースに備えて利用することが出来る歯科診療デンタルローンです。

 

この歯科診療デンタルローンの特徴やメリットについてわかりやすく解説しています。

 

デンタルローンが必要とされる背景

歯科での治療にはインプラントや矯正歯科治療といった、自由診療で保険が適用されないといったものがあります。
これらの治療は、高額になるため、一度では払えないという人がいます。

 

また、治療する歯の本数により、その費用は何倍も変わってきます。
そのため、お金が貯まるまで治療を待つ、支払いを気にして歯科選びや治療法の選択範囲を狭めてしまう、治療自体を諦めてしまうといったことを選択してしまうのです。

 

デンタルローンはそうした人のためにローン会社と歯科が提携して、歯科の治療費の資金としてお金を貸してくれるというものです。

 

デンタルローンの特徴

歯科が窓口となって受け付けてくれるので安心ですが、取り扱っていないところもありますし、対象となる治療内容の制限もありますので、それらの確認が必要です。

 

高額な医療費を分割払いにしようと思えば、銀行などの多目的なローンやクレジットカードの分割払いがありますが、デンタルローンは高額な医療費に対応するため限度額が高く設定されてあり、金利が低いというのが特徴です。

 

ただし、利用目的は、歯科治療に限定され、それ以外の利用はできません。
デンタルローンは、治療費が払えないということで、歯科治療の選択ができなくなることを防ぐものです。

 

上手く利用することで便利ですが、返済能力を超えると債務遅延となることもありますので、よく計画を練ることが重要です。

 

ちなみに、このローンを利用するような治療であれば、医療費控除を受けて税金が安くなる可能性があります。ローン申し込み時に確認しましょう。

金額が高額になるデンタルローンの審査

デンタルローンの審査

デンタルローンとは、借入れの目的を「歯の治療」にしぼったローンです。

 

一般的に歯科治療は、健康保険を利用できない自由診療であり、金額が高額になることから、デンタルローンを組む人が増えています。

 

このデンタルローンにはどんなメリットがあって、審査の時には何を注意したら良いのかについて見ていきましょう。

 

デンタルローンを利用するメリット

デンタルローンを使うことができれば、お金が足りなくても分割で支払えるので、現在行っている治療よりも上の治療を受けることができます。

 

ほかのローンに比べて金利が安いのが特徴で、かなり利用しやすくなっています。

 

デンタルローンを利用することで、ローン会社が歯科医院に治療費の立て替えを行い、患者側は立て替えてもらった料金をローン会社に分割払いで手数料込みの費用を支払うことになります。

 

デンタルローンは、インプラントや歯列矯正、審美歯科といった高額の歯の治療を希望する場合に利用することができます。

 

デンタルローンの手続きは、歯科医院の窓口やローン会社のホームページなどで行うことができます。

 

デンタルローンの審査とは

デンタルローンの審査ですが、20才以上で安定収入があれば申し込むことができます。
ローン会社によっては、主婦や学生、高齢者でも審査が通ることもありますが、保証人や連帯保証人が必要になる場合があります。

 

一般的には、主婦であれば配偶者、学生の場合は保護者、高齢者の場合は、同居する親族などが保証人や連帯保証人になります。

 

住宅ローンや自動車ローンなど、すでにほかのローンを組んでいる場合は、審査に落ちる確率が高くなるようなので気をつけましょう。

銀行のデンタルローンは金利が低いか

銀行のデンタルローンの金利

インプラントや審美目的の治療など、歯科では自費治療となるものがあり、これらは高額になる場合が多いです。

 

このときに利用できるデンタルローンが銀行に用意されています。

 

このデンタルローンには、金利負担がどれくらいになるのか気になるところです。

 

これからデンタルローンの金利について解説していきましょう。

 


デンタルローンの金利について

これは用途が限定された目的ローンであるため、クレジットカードの分割払いで返済することが可能です。

 

また、デンタルローンはカードローンを使うよりも金利が低くなります。

 

利用するには審査に通らなければ利用できません。

 

審査には手続きが必要になりますが、デンタルローンは比較的金利が安いため、返済の負担が少なくなります。

 

審査の基準は通常のカードローンなどと同じであり、20歳以上で安定した収入があれば利用できます。
また、未成年の場合も親の名義でローンを組めることがあります。

 

銀行ローン選びの注意点

ただし、銀行のデンタルローンが最も金利が低いというわけではないため、比較せずに銀行でローンを組んでしまうと損してしまうこともあるので注意しましょう。

 

一部の歯科医院でも信販会社と提携したデンタルローンが用意されており、これも銀行と同様に金利が低くなっています。

 

それだけでなく、返済が一定回数までは金利の負担が免除されるなどの特典もあり、これも考慮すると歯科医院のものを利用した方が得になることがあります。

 

歯科医院でもデンタルローンを利用できる場合にはどれが良いのか比較しましょう。
なお、デンタルローンを利用した場合でも医療費が高額になったときの医療費控除は適用できるので、安心して利用できます。

 

ただし、ローンで発生する金利や手数料に関しては医療費控除の対象にはなりません。

デンタルローンは学生でも利用できるか

学生のデンタルローンの利用

お金を借りるときはカードローンやクレジットカードのキャッシングを思い浮かべますが、これらは用途が自由なフリーローンなので金利が高くなります。

 

歯の治療では審美目的のものなどは自費治療となるため費用が高額になる場合があります
場合によっては治療費をすぐに用意できないことがありますが、このときにカードローンなどを利用するのはあまり得策ではありません。

 

デンタルローンという、目的を歯科治療に限定したローンがあり、低金利で利用できます。
デンタルローンも借金であることに変わりはないので審査がありますが、基準は一般的なローンと同じで安定した収入があれば利用できます。

 

デンタルローンを学生が利用するときのポイント

学生でもアルバイトなどで収入があれば利用できますが、条件が必要になることもあります。
借金の契約を未成年と単独で行った場合、契約が成立しないので利用者側が一方的に破棄できると法律で定められています。

 

そのため、学生でも未成年の場合は利用できない、または親の同意が必要になります。
デンタルローンは歯科医院で扱われていますが、全ての歯科医院で扱われているわけではありません。

 

扱われていない歯科医院でデンタルローンを利用できるか

しかし、扱われていなくてもデンタルローンが利用できないということではありません。
歯科医院で手続きして契約することができないだけであり、治療費がどの程度になるのか分かっていれば、デンタルローンを用意している銀行に申し込むこともできます。

 

また、一度借入した後に追加で費用が発生した場合でも、再度審査を受けて通れば追加で借りられるので、申し込み時の治療費は厳密でなくても構いません。

学生時代のデンタルローンの体験談

大学に入学した頃、私は歯列矯正を開始しました。
中学生の頃から上の前歯が重なっていることが気になっていて、両親に矯正をしたいとお願いしたことがありました。

 

しかし気にする程ではないと言われ、そのまま放置していたのですが、やはり気になって仕方なく、自分のお金で矯正を始めることにしました。

 

歯科医院で相談をすると、150万円以上かかるとのことでした。当然のことながら大学生の私にそんな大金はなく、歯科医院からアドバイスされたのがデンタルローンでした。

 

それまでデンタルローンのことを知らなかったのですが、ローンというとどうしても借金のイメージが強く、初めは抵抗がありましたが、歯科医院から詳しく説明をしてもらうと、いろいろな利点が見えてきました。

 

まずは、分割回数が多い点です。
回数が多ければ1回ごとの支払金額は少額で済みますが、手数料が心配になるところです。

 

しかし、分割手数料も割安でした。
そしてローンの手続きが、歯科医院が窓口となっているため簡単なところも良かったです。

 

その歯科医院には小さい頃から通っていて信頼があったので、安心して任せることができました。

 

矯正などの高額な治療は、一括では支払うことは難しいです。
歯並びはその人の印象を左右する力を持っているくらい、大きな影響を与えるものです。

 

しかし費用が原因で治療を諦めてしまうことは、とても残念なことだと思います。
必要に応じて、デンタルローンを活用するのも1つの方法だと実感しています。

 

これが私のデンタルローンの体験談です。

▼低金利で使い道が自由な銀行フリーローン【特集】▼

>>低金利で使い道が自由な『銀行フリーローン』の詳細はこちらから<<