教育ローンの特徴と便利な使い方

教育は子供の将来を考えると、妥協したくないというご両親は多いです。
でも、良質な教育を受けるとなると、それにかかる費用は少額では済まないケースがあります。

 

そこで利用する方法として教育ローンがあります。
教育ローンにはどんな特徴があって、どのようなメリットがあるのかを利用する前にしっかり確認しておく必要があります。。
ここでは、教育ローンについてわかりやすく解説しています。

教育ローンの特徴とは

教育ローンの特徴

まず教育ローンの特徴の一つとして紹介したいのが、申込のしやすさです。

 

例えば楽天銀行の教育ローンには専用のスマートフォンアプリが配信されていて、
アプリを利用して契約の際に必要な本人確認書類等の書類が手軽に行えるようになっているのです。

 

提携大学の学費の支払いの場合

また教育ローンは大学専用ローンとなっているケースが多いですが、早稲田大学などの有名大学と提携を結んでおり、
提携大学への学費等の支払いであればさらに優遇された金利での借り入れが可能となっているローンもあります。

 

提携外の大学でも十分低金利で借り入れができますが、提携大学ならさらにメリットがあるのです。

 

教育ローンの審査のスピード

急いで授業料などを支払わなければならない場合にも教育ローンは役立ちます。

 

例えば楽天銀行の教育ローンの場合は、申し込みを行ってから融資実行までは最短で2営業日と
スピード審査を行っていますし、直接大学にお金を振り込むように手配もできます。

 

そのため、教育ローンなら支払期限まで余裕が無い場合でも間に合う可能性があるのです。

 

なお申込時の利用限度額が500万円を超えているかどうかが審査のスピードに大きく影響しています。
速やかにお金を借りたい場合には限度額を500万までとして申込をすると良いでしょう。

教育ローンと奨学金を比較

教育ローンと奨学金の比較

子供の学費はその子の将来の礎を作る非常に大事な経費と言えますが、その金額は決して少ないとはいえず、家計にとっては大きな負担になる場合もあります。

 

そんなときに活用したいものに、教育ローン奨学金が挙げられます。

 

子供の将来のための資金計画のために、これら2つの違いはどのようなものなのか気になるところです。

 

教育ローンと奨学金の特徴やその違いについて、わかりやすく解説していきます。

 

教育ローンと奨学金を比べてみると

教育ローンの特徴

教育ローンとは、借入れの用途が教育関連のものに限られたローンを指します。
国の機関である日本政策金融公庫をはじめとして、銀行や信販会社などさまざまな金融機関が取り扱っています。

 

金利などは、それぞれの金融機関のローンのタイプにより異なります。
奨学金は、家庭の経済的な事情によって進学が困難な学生を対象とした教育支援制度です。

 

奨学金の特徴

奨学金には「給付型」「貸与型」があります。
給付型に返済の義務はないため、一般的な奨学金のイメージはこちらでしょう。

 

貸与型には返済義務があり、教育ローンと性質が似ています。
なお、貸与型には、無利子タイプ有利子タイプがあります。
教育ローンと奨学金を比較した場合の大きな違いですが、教育ローンの申込者は保護者なので、返済義務は保護者にあります。

 

奨学金の申込者は借りる子供となり、本人に返済義務があります。
学校を卒業してから、社会人になって給料がもらえるようになってから返済することになります。

 

申し込むときの条件として、奨学金には「学業成績が優秀な者」というような、成績に関する条件がありますが、教育ローンにはありません。

 

教育ローンと奨学金の制限について

ただ、どちらも収入に関する基準が設けられていますから、所得によって借りられない場合が出てきます。

 

教育ローンを提供している金融機関は多く、奨学金の場合は申し込み期限があります。
また、支払いも教育ローンはすぐに支払われますが、奨学金の場合は支払日が決まっています。

教育ローンを組む場合には金利が必要です

教育ローンの金利の負担

将来の子どものことを考えると、出来れば大学まで行かせてあげたいと考える親御さんは沢山いますが、そのためにはお金がとてもかかるものです。

 

一戸建ての家や自家用車がある家庭であれば、それにかかる費用は毎月相当の金額が負担になるため、それ以外に教育費を払うのはとても大変です。

 

そこで最近では教育ローンを組むご家庭が増えています。
この教育ローンを活用することでどうにか学費を工面出来る家庭も多くあり、とても重宝されているようです。

 

最近では中学受験を受けて、私立の中学に通う子どもも増えており、大学まで行かせるとなると想像以上にお金がかかります。
その意味でも教育ローンを組むことはとても意味のあることなので、積極的にそれを活用しているご家庭が増えているのです。

 

教育ローンの金利

今では教育ローンには、国が行っているものもあれば銀行が行っているものもあるので、その中から要望に合った教育ローンを選ぶのが良いです。
どちらを選ぶにしても最後は必ず利息を付けて返済する必要があります。

 

ですから金利がどれ位なのかが問題となりますが、一般の消費者金融に比べるとかなり金利が低い点が特徴で、そのために助かっている家庭が多くあります。

 

しかし金利が低いと言うことは、審査もそれだけ厳しくなるのでその点は覚悟をしなければなりません。
特に色々な条件を設けている会社もあるので、その条件を満たしているかどうかしっかりと確認することが大切です。

 

ただ子どもを私立の中学から大学卒業まで通わすにはとてもお金がかかることです。
活用できれば家計にとって大きな助けになるので、利用条件を全て満たす教育ローンはないか、一度しっかり探してみてはいかがでしょうか。

教育ローンの審査のポイント

楽天銀行教育ローンの審査のポイント

子どもの教育費用として最も多額が必要となるのは大学進学や大学在学中にかかる費用であり、
前もって貯金をしていたとしても予想外の出費によって教育資金が不足してしまうことも考えられます。

 

そんな時に利用をおすすめしたいのが、大学専用の教育ローンです。

 

大学専用教育ローンは、ネット銀行のローン商品であるため、来店する必要なくローン契約ができます。

 


楽天銀行の大学専用教育ローンの審査のスピード

楽天銀行の大学専用教育ローンは一般的な金融機関の教育ローンよりも審査にかかる時間が短いので、
急いでいる場合でも速やかな借入がしやすいというメリットがあります。

 

申し込みから融資までかかる期間は最短で2営業日となっていますし、楽天銀行から直接大学にお金を振り込んでもらうこともできるので、締め切りギリギリでも間に合う可能性が高いローンとなっています。

 

楽天銀行の大学専用教育ローンのメリット

また楽天銀行の大学専用教育ローンは、早稲田大学や明治大学などの大学と提携を結んでおり、提携大学へ在籍している人への融資であれば優遇金利で借り入れができるというメリットも有るのです。

 

もちろん提携大学以外の大学でもお得に借り入れができます。
なお楽天銀行の教育ローンの融資限度額は最大で1000万円と高額になっていますし、限度額500万円までの申込であれば審査の際に提出する書類が少なくなっているので、比較的申込がしやすくなっています。

 

500万円までの限度額であれば源泉徴収票や確定申告書などの収入証明書類で契約できますし、限度額が150万円までであれば収入証明書類の提出は不要なので、申込がしやすいのです。

医者になる為の教育ローンの体験談

サラリーマンとして充実した生活を送っていましたが、長男が某国立大学の医学部に進学する事になり、我が家も慌ただしくなって来ました。

 

私の希望は工学部を卒業し機械メーカーに就職して貰い、自立して自分の将来も自分で定めて貰う予定でした。

 

私達も住宅ローンが残って居り、老後の為に必要な財源は確保する必要が有るからです。
合格したのは自宅から通学できる大学でなく、首都圏にある名門国立大学でした。

 

入学金、首都圏での住居の確保にそれ相応のお金が必要であり、授業料、生活費を含めた毎月の仕送りを計算すると毎年相当な額を支払う必要が有ります。
息子も奨学金を申請し、私も教育ローンの説明を受ける為に銀行に足を運びました。

 

銀行の担当者からはおめでとうございますと挨拶をされ、嬉しさ半分、お金の心配が半分の複雑な気分であり、インターネットで読んだローン地獄の体験談の記事を思い出しました。

 

教育ローンの基礎的な説明を受け、親の責任で返済する事が明確に分かりました。
奨学金は息子の責任で返済する事も合わせて分かりました。

 

説明を受けながら住宅ローンの返済、今後私の予想される毎年の収入予想、ローン完済時の私の年齢等が頭の中をくるくる回っていました。
結局住宅ローンでお世話になっている銀行から教育ローンを借りる事にしました。

 

長男に教育ローンが無事下りた旨のメールを入れました。
長男からは今まで見た事もない感謝の気持ちを込めた返信が届きました。

▼低金利で使い道が自由な銀行フリーローン【特集】▼

>>低金利で使い道が自由な『銀行フリーローン』の詳細はこちらから<<