ロードバイクローンとはどのような特徴がありますか

目的別カードローンの中でもバイク等にかかる費用に使途を特定したものがロードバイクローンです。
このロードバイクローンには、どのような特徴やメリットがあるのか、わかりやすく解説しています。

ロードバイクローンの特徴とは

ロードバイクローンとは借りたお金の用途が限定された目的ローンの1つであり、特徴としてはロードバイクやその他の自転車、パーツなどの購入費、メンテナンス費、自転車ローンの借り換えなどに使える低金利のローンです。

 

ロードバイクローンの中には限度額が800万円以上のものもあり、高額のロードバイクの購入にも対応できます。

 

ロードバイクの購入ではクレジットカードの分割払いなどの支払い方法もあり、限度額の範囲内であれば支払い方法をしていするだけなので楽ですが、金利は高くなってしまうので、手間はかかりますがロードバイクローンを利用した方がお得になります。

 

ロードバイクローンの審査

ローンであるため、審査に通らなければ利用できません。20歳以上であり、安定した収入があればアルバイトなどでも利用できます。

 

また、見積書やパンフレットなど、用途が確認できる資料が必要です。
これまでのクレジットカードやローンなどの利用状況に問題がある、例えば金融事故を起こしていたり、借り入れ総額が高いと審査に落ちることもあります。

 

申し込みから入金までには少し時間がかかってしまうので、買いたいロードバイクが入金までの間に売り切れてしまわないようにお店に相談しておくと安心です。

 

なお、ロードバイクローンという名称ではありませんが、自転車販売店の中には同じように専用のローンを用意しているものがあり、銀行よりも金利が低くなっています。

 

利用しているお店が対応しているのであれば、そのローンを使うと良いでしょう。

ロードバイクローンの審査は難しいですか

ロードバイクローンの審査

ロードバイクは安いものでは10万円未満で買えますが、性能を追求すると100万円を超えるようなこともあり、現金一括で支払うのが困難です。

 

このようなときにクレジットカードの分割払いやカードローンなども利用できますが、それらよりもロードバイクローンを利用するといろいろと有利な点があります。

 

用途が自転車やそれに関連する備品の購入、修理にかかる費用や他社の自転車ローンの借り換えに限られる目的ローンであるため、低金利で利用できるメリットがあります。

 


ロードバイクローンの審査の難易度について

利用に際しては借金になるため、申し込みをして審査に通らなければなりません。
審査に通る条件としては、銀行などの金融機関が提供するローンであることから、カードローンなどと同様に20歳以上で安定した収入が必要になります。

 

また、目的を証明するため、カタログか見積書のコピーを提出します。
個人信用情報機関の記録も参照されますので、これまでに金融事故を起こした記録が残っていたり、他社から借り入れが多過ぎるような場合は審査に落ちることもあります。

 

審査に通った場合、いつ入金されるかについて、目的ローンなのでカードローンのように即日融資というわけにはいきません。
申し込みから2週間程度はかかると考えた方が良いでしょう。

 

なお、ロードバイクローンは最低貸出金額が10万円であるため、それよりも少ない金額が必要な場合には利用できません。
この場合は金利面で不利ですが、クレジットカードの分割払いなどで対応しましょう。

ロードバイクローンは金利を抑えて分割払いができます

ロードバイクローンの金利

バイクは購入の代金だけでなく、修理やパーツなども決して安い金額ではありません。

 

こういったバイクなどに係る様々な費用の資金として利用するために借り入れをすることが出来る、ロードバイクローンというものがあります。

 

このロードバイクローンには、どのようなメリットがあるのか詳しく見ていきましょう。

 


ロードバイクローンのメリット

ロードバイクローンのメリットは、クレジットカード払いに比べて金利が低いことです。
ロードバイクなどのスポーツサイクルを趣味にする人が増えています。

 

自転車は環境に負担が少なく運動にもなり、パーツ交換など様々な楽しみが広がります。
しかし本格的なロードバイクは、性能が高いだけに値段も決して安くはありません。

 

入門用でも十万円台、イタリア製などの高級ロードバイクは百万円台のものもあります。
それに加えて、専用のスポーツウェアやヘルメット、サングラスなどを揃えることもありますし、パーツの組み換えなどお金がかかります。

 

せっかくロードバイクを始めようと思っても、初期費用のハードルが高く、敬遠してしまうのはもったいないことです。
そこで金融機関はバイクや自転車などを購入しようとする人を応援しようと、ロードバイクローンのサービスを行っています。

 

自動車と同じようにローンを組んでロードバイクを購入するものです。
これを利用すれば費用を分割して毎月払うようにすることができ、敷居が下がります。

 

場合によっては軽自動車一台分ぐらいの費用がかかるわけですから、なかなか現金で一括して払うのも難しい所なので、ローンを組んで分割払いするのは合理的です。

 

ロードバイクローンの金利について

しかしローンを組む場合、気になるのが金利です。
クレジットカードで買うこともできますが、金利が高めになってしまいます。

 

ロードバイクローンはクレジット払いと比べると、金利が低いのがメリットです。
また資金に余裕ができれば早めに繰り上げ返済することが可能で、ますます金利負担を減らせるローンです。

ロードバイクローンで自転車を購入した体験談

自転車に興味がある方にいくらかでも役に立てばと思い、ロードバイクローンを利用した私の体験を書きます。

 

私は以前から運動不足を感じており、スポーツサイクルの存在を知って、入門用のクロスバイクに乗り始めました。

 

楽しく乗っていたのですが、だんだん欲が出て本格的なロードバイクが欲しくなりました。

 

しかし価格の面で敷居が高かく、躊躇していました。
そこで金融機関のロードバイクローンのことを知り、利用することにしたのです。

 

魅力を感じたのは金利の安さです。クレジットカード払いも検討したのですが、比べるとローンの方がずっと金利負担が小さかったのが決め手になりました。

 

ロードバイクローンの審査はウェブサイトから申込めました。
年齢や安定した収入などの条件をチェックして、必要情報を入力して申し込みます。

 

申込が完了した翌日に、金融機関から留守電が入っていたのでフリーダイヤルにかけなおしました。
そこで簡単な本人確認と、書類の発送連絡を受けました。

 

心配だったのは、ロードバイクローンには用途制限があったことです。
先にロードバイクを買ってからでないとローンを組めないのかと不安があり、電話で確認してみました。

 

すると領収書などは必要なく、購入予定の自転車ショップの名前を伝えることと、希望する自転車が記載されているカタログのコピーを用意できればよいということが分かって、安心しました。

 

そのあとは金融機関との書類のやり取りや電話確認があって、最初の申し込みから2週間ほどで入金されました。
おかげさまで返済も順調で、快適なロードバイク生活を送っています。

▼低金利で使い道が自由な銀行フリーローン【特集】▼

>>低金利で使い道が自由な『銀行フリーローン』の詳細はこちらから<<