ソーラーローンとは環境保護に貢献でき金利も低いのが特徴

近年では自宅に、太陽光発電を導入する方も増えています。
環境に優しいといえますし、売電する事で副収入を得られるといったメリットもあります。

 

しかしそのためには膨大な資金が必要であり、その確保は非常に困難といえます。
そこで活用したいのが、ソーラーローンという金融商品です。

ソーラーローンとは

ソーラーローン

ソーラーローンとは太陽光発電に必要な設備や工事にかかる費用について借り入れができる金融商品を指します。

 

利用目的が絞られているので、非常にお得な内容となっているのです。

 

このソーラーローンにはどのような特徴があって、そんなメリットがあるのか、かわりやすく解説しています。

 

ソーラーローンの特徴

ソーラーローンとは、まず最初に金利が低い事に特徴があります。
利用する金融機関によって異なりますが、概ね年2~4%で5%を超えるところはほとんどありません。

 

通常のカードローンは10%を超えるものもありますから、非常に低いといえます。
そしてソーラーローンとは、家計に優しいプランであるのも特徴です。

 

というのも最長借り入れ期間が長いところが多く、10年や15年といったところも珍しくないからです。
したがって、ゆとりある返済が可能で負担も少ないのです。

 

ソーラーローンを選ぶポイント

さらにソーラーローンとは、太陽光発電に必要な設備だけでなく自宅内のオール電化や同時に行うリフォームの費用にも利用できるのが特徴です。

 

まとめるとソーラーローンとは、環境に優しい上にローンとしてもメリットが多いという特徴があり、太陽光発電を導入するならぜひ利用したいプランといえます。
ソーラーローンは多くの銀行や金融機関で取り扱いがあり、それぞれ特徴が異なります。

 

利用する際はネットなどでよく調べ、ご自分にとって利用しやすいサービスを選ぶ事が重要です。

ソーラーローンの審査について

太陽光発電を導入するにあたって、多くの人がソーラーローンを活用しています。
新築の家に太陽光発電を導入するという場合は住宅ローンに入れ込むこともありますが、今住んでいる家に導入するのであれば、たいていはソーラーローンを活用することになります。

 

ソーラーローンの審査のポイント

ソーラーローンの審査のポイント

しかし、ローンと名が付いているということは、お金を借りるということです。

お金を借りるためには、審査を通る必要があります。

 

このローンは、いろいろな金融機関が扱っていますが、判断の基準や項目は様々です。
A社は「消費者金融から借り入れがあってもよいが、延滞が2回以上ある場合は不可」となっていたり、B社は「延滞は5回までならよいが、消費者金融から借り入れがある場合は不可」という感じです。

 

また、勤続年数が3年未満だと通りにくくなりますが、「会計事務所に勤めていて税理士の資格を持っている」という場合なら1年でもOKだったり、複数の金融機関から借り入れをしていても、国家公務員ならOKとなることもあります。

 

おすすめのソーラーローンはどこ?

このように、いろいろな要素が絡み合うので、通るかどうかの見極めは難しいのですが、強いていえば「太陽光発電の販売業者と提携しているノンバンク」がおすすめといえます。

 

提携ローンだと、他のローンより判断が甘くなりがちだからです。
金融機関としては、提携している販売業者が、他の金融機関をメインに使うようになると困ります。

 

そのため、多少問題があっても、妥協して通してしまうということがあるのです。

ソーラーローンは金利が低いのでお得

ソーラーローンの金利

ソーラーローンとは、太陽光発電の設置やそれに伴うリフォームなどに用途が限定されたローンであり、低金利で利用できるのが魅力です。

 

太陽光発電の導入費用は年々安くなっていますが、それでも100万円を超えるような高額であり、また、売電価格も年々下がっています。

 

できるだけ早く元手を回収するためには導入費用を安くする必要があるので、金利の高いカードローンではなく、ソーラーローンを利用するのが良いでしょう。

 

ソーラーローンの種類と違い

ソーラーローンには大きく分けて2種類あります。太陽光発電設備の販売店が信販会社と提携している、提携ローンと呼ばれるもので、これは金利は固定で2.6%が相場になっています。

 

販売店で手続きをまとめて行えるので面倒さがなく、利用しやすいローンです。
これに対し、銀行や信用金庫などの各金融機関が独自に提供しているソーラーローンがあり、プロパーローンと呼ばれます。

 

プロパーローンの金利

金利はどの金融機関で借りるかで違いがあり、低いものでは固定で1%程度のものもあれば、提携ローンよりも高い4%を超えるものもあります。

 

また、金利が変動のものがあり、現在は低くても今後高くなる可能性があるので注意が必要です。
手続きなどは自分で各金融機関に行うので手間がかかり、低金利のものほど審査が厳しくなり、落ちることもあります。

 

そのため、手間を省いてローンを組みたい場合は提携ローンを利用し、審査に自信があり、低金利を追求するのであればプロパーローンに申し込みを行うと良いでしょう。

ソーラーローンの借り換えのメリット

ソーラーローン借り換えのメリット

ソーラーローンは、太陽光発電を導入する際に金融機関から融資を受けることのできる低金利のローンです。

 

ソーラーローンを扱っている金融機関にはいくつかの種類があり、都市銀行、地方銀行、信用金庫、JAバンク、信販などに分かれています。

 


ソーラーローンの金利面のメリット

ソーラーローンは住宅ローンや自動車ローンなどとは違って、電力の売却分が見込めることから金利が安く、審査がゆるいのが特徴です。

 

ソーラーローンの金利の高さを比較すると、銀行系のローンが最も安く、信販系のローンはそれよりも高めに設定されています。

 

また、銀行系の中でも都市銀行より地方銀行、信用金庫よりJAバンクの方が金利は低い傾向があります。
もちろん審査の条件は人により異なりますから、条件しだいでは借り換えが難しい場合があります。

 

ソーラーローンの金利や条件は、常に一定ではありません。
数年経つと、新しいものが登場します。借り換えるメリットですが、現在借りている金融機関より金利の安いところにすれば、返済がラクになるでしょう。

 

返済期間を短くできます。

 

ソーラーローンの借り換え時の注意点

ただし、ソーラーローンを借り換える際に注意点があります。
それは、審査に通るかどうかわからないことです。

 

住宅ローンや自動車ローンより審査がゆるいと言っても、金利の低い金融機関ほど審査が厳しい傾向があります。
ソーラーローンを借り換える場合に、確実に審査が通りそうなところを選ばないと、審査に落ちるおそれがあるということを忘れないようにしてください。

ソーラーローンにまつわる私の体験談

夢のマイホームを手にしてから3年、以前から興味のあった太陽光発電の導入を本格的に考えるようになりました。

 

近年では随分と導入のハードルも低くなりましたし、電力自由化も始まったのでまさにベストタイミングだと思ったのです。

 

しかしそんな我が家にとって壁となったのが、初期費用の高さでした。
その当時ソーラーパネルを扱う業者の見積もりでは、初期費用に約150万円が必要でした。当然一括で用意しなければならなかったので、正直かなり厳しい部分はあったのです。

 

しかし同時に業者からは、ソーラーローンの利用を提案されました。そんなものがあったのかと、名前を聞いたときには驚いたものです。

 

早速私は、日頃お世話になっている金融機関へと向かいました。そして10年間のソーラーローンを組むことにしたのです。
年金利は1.5%の固定制です。

 

これは組んでから知ったことなのですが、私の住む地域では比較的ソーラーローンの借入を積極的に推進していました。
ですから固定制でありながらここまでの低金利を実現できたのでしょう。

 

返済プランの相談も時間を掛けて行ったので、本当に何の不安もなく契約することができました。

 

今現在もソーラーローンの返済期間中ではありますが、太陽光発電を導入して以降電気代も驚くほど安くなり、家計への圧迫はあまり感じていません。

 

10年経過して返済が終わった後もソーラーパネルとは付き合っていくわけですし、意外とすぐに元も取れそうな気さえしています。

 

この体験談がどれほど参考になるかは分かりませんが、もし私と同じように初期費用を懸念材料にしている人がいるならば、ぜひソーラーローンの利用を考えてみてほしいです。

▼低金利で使い道が自由な銀行フリーローン【特集】▼

>>低金利で使い道が自由な『銀行フリーローン』の詳細はこちらから<<